ブロックチェーンに黄信号!

小規模の仮想通貨は脆弱性がある!モナコインの資金消失

悪意ある採掘業者に小規模の仮想通貨が攻撃され1千万円という資金が消失したという。

ブロックチェーンがすり替わる

仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーン(分散型台帳)の安全神話が揺らぐ事件が起きた。
 
仮想通貨「モナコイン」の取引履歴がすり替えられる事件が、5月15日までに起きたのだ。
 
日本の交換業者も対応に迫られ、他の通貨も攻撃されるリスクが意識されている。
しかし、このケースは小規模な通貨が標的になるもので、「モナコイン」、「デジバイト」、「シスコイン」、「Zコイン」などだ。
 

ブロックチェーン改ざん手口

ブロックチェーン技術は複数のコンピュータが取引を相互承認する仕組みで、監視が働きやすく取引履歴の改ざんは事実上不可能とされてきた。
 
しかし、「モナコイン」資金消失はブロックチェーンの盲点が見えてきた。
悪用されたのは、仮想通貨でよく使われる「プルーフ・オブ・ワーク(仕事の証明)」という仕組みだ。
ブロックチェーンの分岐が起きた場合に長いブロックが正式な記録として残り、短いブロックは無効になるのが柱だ。
 
悪意ある採掘業者が秘密裏にブロックを作成し続けた。
この間に自ら保有するモナコインを交換業者のネットワーク上に送って、別の仮想通貨に換えた。
その後自ら作成して長くしたブロックチェーンを公開して正式な記録にすり替えで従来のブロックを無効にした。
 
結果、交換業者に送ったモナコインは存在しないことになり、ロシアの「ライブコイン」に約1000万円の損失が発生したという。
 
日本の交換業者はすぐにモナコインの入金を停止したり対応に追われた。
 
ビットコインなどの主要仮想通貨では、無数の採掘業者が大量のブロックを作成していて、悪意ある業者が一番長いブロックを作れる保証は無いためすり替えは起こらないという。
 
小規模な仮想通貨は参加者が少ないため、標的になるという。
 
日本の交換業者では「モナコイン」、「デジバイト」、「シスコイン」、「Zコイン」などは扱っていない。
 
しかし、ブロックチェーンの脆弱性が出たこの事件は、見逃すわけにはいかない。
 
今後の対策を、見守っていこう。
 

ビットコインで遊べる「ビットカジノ」

ビットコイン以外の仮想通貨もビットコインに変換して遊べる「ビットカジノ」が注目されている。
ビットカジノで今すぐ遊ぶには会員登録が必要です。
スマートフォンで会員登録できます。
一切費用はかかりません
 クリック ↓

 

ビットカジノ解説頁へ進む

タイトルとURLをコピーしました