仮想通貨で遊ぶ

ビットコイン・採掘・ブロックチェーン・仮想通貨とは何ですか?

投稿日:

ビットコイン(bitcoin)について【仮想通貨】

ビットコインとは何か?

ビットコインとはインターネット上で使うことができる通貨です。
「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれます。
 
インターネットさえあれば、国境も関係なく世界のどこにいても使うことができるため幅広い使い道があることがメリット。
 
国境をまたいで送金したいときも、ビットコインを使えば通常の送金よりかなり低コストで済みます。
 
また、ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。
 
ビットコインには、『通貨を管理する「中央銀行」が存在しない』ということです。
ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

 

円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。
 
この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

 
さらに、ビットコインの発行総量は、事前に決められています。
 
採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。
 
そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされているようです。
  
ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。
 

仮想通貨とは何か?

仮想通貨をネットで調べてみると、下記のように定義されていました。
  
=ここから・・・・
仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、デジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。
 
… 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は、「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。
=ここまで・・・・
 

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。
仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義
この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

 

ビットコインは何処で買えますか?

最も一般的でカンタンなのは日本語対応をしているビットフライヤーといった日本政府が免許を与えている取引所での購入です。

ビットフライヤー【bitFlyer】は、ビットコインを買えるだけではなく、ビットコインを保管するウォレット(財布)の機能も兼ね備えているので、新たにウォレットを開設する必要もなくとても便利です。
 
ビットフライヤー【bitFlyer】の解説

 

採掘(マイニング)とは何ですか?

ビットコイン(bitcoin)の採掘(マイニング)画像です。

 
ビットコインでの追記作業で台帳に記録していくシステムで、非常に莫大な計算量が必要とされます。
 
このマイニングにより、代価として、ビットコインが支払われます。
マイニングで利益が出るので、世界中で実施されています。
 
マイニングは、電気代の安価な国にて24時間365日稼働させているのです。
このようなことで、一般国民が対応できるものではありません。
 
 
しかし、冒頭にも書いたように、ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。 

ビットコインの仕組みで『ブロックチェーン』があります。

 

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンとは、売買取引や契約内容などの記録情報を利用者が分散共有するデータベースであり、「ブロック」と呼ばれる情報のかたまりを共有者の全員または一部が承認・確定します。
 
その内容を前提にして、次のブロックに新たに情報を記録していく。
 
過去のブロックの中身を変えると、その後のすべてのブロック情報が、無効になるため、一度確定したブロックの改ざんは事実上、不可能です。
 
ブロックチェーンは、ビットコインの台帳として発明されましたが、応用範囲が広く他業界などでも採用されようとしているのです。

 

 

ビットカジノなら、1400種類ものガジノゲームで遊べます。
ビットカジノは通常のオンラインカジノの数倍の規模があり、ビットコインで直接遊べるオンラインカジノ!
24時間生中継で、ライブバカラやライブブラックジャック、ライブルーレットなどのライブカジノを楽しめます。
メールアドレスと生年月日だけで『会員登録』できます。
また、スマートフォンで会員登録は実施できます。
一切、費用はかかりません。
ビットカジノ公式サイトへ進む
 ↓ クリック ↓


 

-仮想通貨で遊ぶ

執筆者:

関連記事

金融庁が仮想通貨のみなし業者に業務停止命令!

ブルードリームジャパンに業務停止命令 金融庁が仮想通貨のみなし業者である「ブルードリームジャパン(岐阜県岐阜市)」に行政処分(2カ月間の業務停止命令)を発表した。 みなし業者については、次々と業務のず …

  
日本でビットコイン取引量ナンバー1
●ビットフライヤー【bitFlyer】

  


 

ビットカジノ動画解説

プライバシーの確保の解説動画を見る

 

ビットコインを使うメリット動画解説を見る

 

ビットコインの安全性がわかるビデオを見る

 

今すぐスマートフォンで登録!
メールアドレスと生年月日だけで会員登録(15秒)
クリック ↓↓